Single post

ライオン ラクトフェリン 副作用 2

ライオンのラクトフェリンには身体を温める効果がある香辛料成分のヒハツエキスが含まれているので、普段刺激が強い香辛料を食べてお腹を壊してしまう人、何らかのアレルギー症状が出てしまう人は注意が必要です。

刺激が強い香辛料などの食べ物は、交感神経に反応して刺激を与え、胃腸を荒らしてしまう原因になってしまいます。
香辛料などの刺激が強い食べ物を食べ過ぎてしまうと腹痛になったり、下痢になったりしてしまいます。
普段から辛いものなどを食べても問題ない人は大丈夫なのですが、腹痛や下痢になってしまう人は注意するようにしましょう。

またライオンのラクトフェリンは牛乳や母乳に多く含まれている成分なので、普段牛乳を飲んで腹痛や下痢になってしまう人も注意しなければいけません。
子供の頃は毎日牛乳を飲めたが、大人になるとどうしても体が受け付けないという人も多いかもしれません。
これは乳糖不耐症という症状で、牛乳が小腸でうまく吸収・分解されずにそのまま残ってしまい、大腸で発酵してガスになってしまいます。
ガスになってしまった牛乳の作用で水分が腸管の中に入ってきてしまって下痢になってしまうのです。

乳糖不耐症が原因でなくても、ライオンのラクトフェリンを摂取することで腸の働きが活発になることで、好転反応として腹痛やガスが溜まってしまうこともあります。
このように普段から牛乳や香辛料で腹痛や下痢になってしまう人はライオンのラクトフェリンを飲んで同じ症状が出てしまう可能性があるので注意するようにしましょう。

LEAVE A COMMENT

theme by teslathemes